寺などに対して読経料などのお礼をした費用について

最近の葬式事情では、寺に対する読経料や戒名料は、全てを含んだお布施として、一括して葬儀社にお支払いする場合が多いようです。

芝桜
それぞれ値段設定があるわけではなく、上限はいくらでもつけられますが、一般的な相場として、葬儀社の方で提示されます。お寺の宗派や格、考え方、地域等によって差があります。金額に大きな差が生まれるのは、戒名料です。戒名とは別に、院号、道号、位号等が加わることで、戒名の位が変わり、金額も高くなっていきます。戒名ランクによる一般的な金額は、「信士・信女」で20~30万円、「居士・大姉」で30~50万円、「院号」で50万円~100万円と言われています。亡くなられてから葬儀までにかかる読経費用は、枕経、通夜、葬儀と戒名料を合わせて、50万円くらいが平均のようです。

 

菩提寺がある方は、そちらに相談されるとよいかもしれません。はっきり相場を教えてくれたり、お気持ちで言ってくださるお寺もあるでしょう。しかし、これは仏教による葬儀の場合であって、それ以外の場合は異なってきます。仏教式のお葬式をしない、宗派を問わない霊園に埋葬する等には、戒名が必要ない場合もあります。お寺の墓地に埋葬するのか、民営や公営の墓地に埋葬するのかによって事情は変わってきますから、葬儀だけでなく、埋葬や墓のことについても十分検討することが必要でしょう。

Comments are closed.