初七日や法事について

法事は、遺族が故人の冥福(冥土での幸福)を祈願するために行うものです。
遺族、親族が集まり、僧侶に読経をしてもらい焼香をしたあとに、皆で「お斎」と呼ばれる会食をします。
これを行わない限り、故人は極楽浄土に行くことはできない、とされているので、故人を供養するためには必ず行わなければならない大切な儀式です。

 
また、良く似た言葉に「法要」というのがあります。
厳密には、僧侶にお経をあげてもらう追善供養のことを法要と言い、それにその後行われるお斎を含めたもののことを法事と言うのですが、現在は、この二つの言葉は混同して使われる場合が多く、冠婚葬祭のマナーブックの中にはこの二つは同じものである、と説明しているものもあります。
お斎は、一人5000円程度の懐石料理で参列者をもてなします。
仏壇には精進料理を供えますが、参列者は精進料理である必要はありません。

 
法事は死後七日ごとに営まれます。
死後七日目に行われるものを初七日といいます。
以後、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)、と続き、七七日(なななのか)にあたる四十九日で、遺族は忌みからあけて、普通の生活に戻るとされています。
忌明けのあとは100日目に百か日が、命日から1年目には1周忌があります。

Comments are closed.